お歳暮をいつごろ贈ればよいのか

新年に先祖や神様を迎えるためにお供え物を暮れの間に本家へ届けていたものがお歳暮で、それが次第にお世話になった人へ贈答品を届けるといった意味合いに変わりました。

慣習化されたのは江戸時代の商人の影響だとされています。

現在では年末に贈答品を贈る習慣自体を呼ぶようになっています。

贈る時期はかつてはすす払いといって新年を迎える準備を12月13日から始める習慣があったため12月13日から20日ごろまでに届くように贈っていましたが、現在は12月の初旬ごろから贈る人が多いようです。



お歳暮の到着が25日以降だと新年への準備が本格化して忙しくなる時期になるため、相手にも迷惑がかかるため早めに送ったほうがよいです。


ただ、生鮮食品を送るときは年始に近い日付のほうが安心です。

送る相手は日ごろの感謝を伝える意味があるのでお世話になっている人です。注意点として一度送って終わりというわけではなく、たまたま今年だけお世話になってお礼がしたいときはお歳暮ではなくてお礼という形で贈答品を送ります。

慣習化するものなので送る相手は会社の上司や習い事の先生などが一般的ですが、最近は親戚や友達同士でも送る人が増えています。



お歳暮の予算相場は大体3、000円から5、000円が一般的です。これも相手への感謝の気持ちを表すものなので場合によっては相場以上の物を送る人もいますが、あまり高額なものを送ると逆に相手に気を遣わせたり、一度高額なものを送るとその後も同等のものを送ることになるので無理をしないで出来る範囲で送った方が良いです。
送る相手によって金額も異なり上司や親などに送るときは5、000円相当の品で、取引先や友人などは3、000円程度のものを送ることが多いです。