お歳暮を贈る際のあれこれ

普段お世話になっている上司や目上の方に贈るお歳暮ですが、気をつける事や疑問となる事が多々あります。
何も考えないで贈れば大変失礼になるなで、ある程度の知識を持った方が良いです。


また、お歳暮を頂いた際にもマナーがあり丁寧に気持ちを伝えるように様にします。
親しい親友や知人なら電話やメールでも良いかもしれませんが、正式に行うならお礼状を書くと良いです。これは、ビジネスでの付き合いの方には必ずした方が良いです。

電話でお礼を伝えたからお礼状を改めて送る方法もあります。



もしも、相手が喪中の場合はどうなのかですが、お歳暮やお中元はお祝いの品で無いので、マナー違反とはなりません。
逆に贈る側が喪中でも同じ事です。
しかし、四十九日ままでが一区切りなのでその間は贈らない方がいいと言えます。
この期間が、贈る時期を過ぎた場合は寒中お見舞で贈り水引やのしを避け、真っ白の掛け紙や白短冊を用いて送ると良いです。

のしに関してですが、内のしと外のしがあります。内のしは品物にのしを付け、その上に包装紙をかけたもので包装紙が一番上な為、配送の場合や控えめにしたい場合に用います。

外のしは、包装紙の上にのしを付けたもので、お歳暮であれば持参する場合に用います。



また、のしの使い方は地域によって考え方が異なるので詳しい方のアドバイスを参考にして下さい。



直接持参する際には、電話で日時を伝え都合を合わせると良いです。
配送する場合は、送り状を添えて時候の挨拶、感謝の気持ち、贈り物の簡単な説明、健康を気遣う内容を書くと良いです。