お歳暮の御礼状についてのマナー

親しき仲にも礼儀ありと言われます。

部下や目下の人からのお歳暮に対しても、礼儀をつくしたお礼状を書くことがマナーです。お礼とともに、感謝の気持ちなどを書くことが必要です。


最初のマナーとしては、お歳暮の品が届きましたら、2~3日以内にはお礼状を投函しましょう。最近では、手紙でなくハガキで済ませても良いとされています。

メールを利用する人もいますが、手書きの文章でなければ思いは伝わりません。
メールでは、明らかに礼儀を尽くしただけだと思われてしまいます。

また、全てのお礼状に共通することは、ハガキや手紙は必ず縦書きにすることも大切なことです。

日付や署名、宛先を必ず記入してください。


内容としては、時候の挨拶、お礼と感謝の気持ち、家族全員が喜んでいること、末永くお付き合いをすること、相手の健康を祈ることを散りばめるとよろしいです。
また、中には、お歳暮返しとして、贈ってくれた人に感謝の品を贈る人もいますが、基本的には、礼状を書けばそれでよろしいです。



感謝の品が届きますと、贈った人は逆に恐縮してしまうことも多いです。



どうしても感謝の品を贈りたい場合には、お歳暮が贈られた直後ではなく、しばらくしてから、単なる贈り物ということで贈った方が無難です。


最近では、文字を書く習慣がなくなっています。

ついつい、パソコンで文書を作りがちですが、汚くても良いので、手書きで書くべきです。
心のこもった礼状が最も喜ばれます。