お歳暮のお礼状の書き方

お歳暮が届いた時、その旨を相手に伝える方法として、電話やメール、手紙があります。

届いた旨だけを早急に伝える手段として、電話は適していますが、感謝の気持ちを伝えるのであれば、電話よりも手紙のほうが良いでしょう。

お礼状については、お歳暮が届いたらすぐに出すようにしましょう。

遅くても3日以内に投函するのがマナーとされています。

封書で出すと言う方法もありますが、ハガキでも構いません。



手紙というと、横書きというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、目上の人にお礼状を出すという場合には、横書きではなく、縦書きにするようにします。書く内容としては、最初に時候の挨拶、次にお歳暮の品を頂いたことに対するお礼と感謝、家族がいる場合には家族も喜んでいるという一言を添えるようにしましょう。


さらに、今後も良い関係性を保つことが出来るように願う言葉、そして、相手の健康を願う言葉で締めます。



縦書きの場合、最後に日付、署名、宛名の順序に書くようにしましょう。



横書きは宛名、日付、署名の順番となります。

お歳暮のお礼状の書き方が分からないという場合には、例文などを参考にして書くと良いでしょう。
例文については、インターネットサイトを利用することが簡単に調べることが出来ますが、その例文のままに書くのではなく、自分の状況に合わせて文言を考えることが大切です。

お礼状はその名の通り、相手に感謝の気持ちを伝えるものですので、心を込めて書くようにしましょう。