お歳暮では相手に何を贈るかが重要

お歳暮は1年のお世話になった感謝の気持ちを込めて送るものではありますが、ただ送ったことで満足をしているようではいけません。

送った品物を喜んでもらえるかどうかまで想像力を働かせて商品を選ばなければなりません。
例えば、会社の上司の方へお歳暮を送る場合、すぐに賞味期限の切れてしまうお菓子などの食料品はあまり好まれない傾向にあります。

もちろんその方の好みをよく調べた上で、お好きな物を贈っているとしても、その上司の方へお歳暮を贈っているのは自分だけではないということを念頭に置いて選ばなければなりません。
もしも上司の方のお菓子の趣味を他の社員の方や取引先の方が知っていたとしたら、同じお菓子が複数の方から届いてしまう可能性があります。



また、毎年同じ物を贈られて困っておられる可能性もあります。

いただいた側の立場からは貰って困るものであったとしても結構な品をいただいて、とお礼状に書かれるものです。


お歳暮では複数の方から送られる立場の方にはどうしても食品を贈りたい場合は日持ちのする物を送るようにしましょう。


せっかくお贈りするものですから、喜んでもらいたいと考えるのは当然です。


もしもお贈りする方がビールやお酒がお好きであれば、お好きな銘柄を調べて贈るのも良いでしょう。



お酒は比較的日持ちがしますし、好きなアルコールは日常生活を送る上で少しずつ消費しますので助かります。



ただ、ここでも好きな銘柄をしっかりと調べておくことが重要です。